日常

行きたくない? 会社の飲み会の回避方法

皆さんは会社の飲み会は好きですが?

仕事終わりに急遽、上司や先輩から「飲みに行こうか?」と言われた場合、「気は進まないけど、予定はないからとりあえず行ってる。」「本当は断りたい」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

私は「とりあえず行くか」というノリの会社の飲み会には否定的です。

なんとなくの飲み会に行くのであれば、仕事してた方が良い(笑)

コロナになってからほとんど飲み会はなくなったので、「会社飲み会だけに限定した話」であれば、今後もこの流れが続いて欲しいと思っています。

会社飲み会への参加メリット

  • 人脈が広がる
  • メンバーの個性が見れて相互理解に繋がり関係性が深まる
  • チームで飲んだ場合、一体感が生まれる
  • 共通の思い出話になる可能性がある

会社飲み会への参加デメリット

  • 自分の自由な時間が減る
  • プライベートの飲み会よりも金銭的負担が大きいケースが多い
  • 飲み会によっては、ひたすら”グチやうわさ話”になることも多い
  • 2次会までが1セットの傾向が強く、1つの飲み会が長い
  • 【個人的問題】平日の飲みは翌朝に残りがち

これは、私が考える会社飲み会の「メリット」「デメリット」ですが、「とりあえず行くか」の飲み会はデメリットの方が明らかに多い実感があるからです。

とりあえずの飲み会に行く人は驚くくらいの頻度で行きます(笑)
毎回それに付き合っていたらきりがありませんし、飲み会の話題もほとんど同じです。(まったく同じ話ではないですが、本質的には同じ分類の話。という意味です)

  • 上司のグチ
  • 他部署の悪口
  • 家族(パートナー)のグチ
  • 過去の武勇伝

こんなところでしょうか? はっきり言って得るものが僅少ですし、メンバーは本当に飲み会が好きな人。という方も多いので私とは価値観が合わないことが多いです。

なので、「なんとなく参加していて、本当は参加したくない」という人は、しっかりと一線を引く(飲み会に参加しない行動をとる)のが自分自身のため。というわけです。

トモ

でも。毎回誘いを断るのはストレス💦

実際に上司や先輩からの誘いを断りづらい。という人はたくさんいると思います。

そもそもの考え方なんですが、
「自分の意思を表明して断ること」は悪いことをしているわけではないので「ストレス」を感じる必要はないわけです。

ただ、実際には断る方がストレスを感じるのも事実ですし、できる事なら私も断ることはなるべく避けたいです。

そうなると以下のことが大事になります。

自分が誘いを断ることを避けたい=誘われなければいい。

大事なのは2点

  • 誘われづらい環境を作り、周囲にそれとなくほのめかす
  • 会社の飲み会に参加しないキャラになる

今回の記事では、「なんとなくの飲み会」に低出席率を誇る私が実践している方法を記載しました。

もし、「なんとなく参加していた飲み会」が復活したら困る。という方は参考になると思いますので、ぜひ最後までご覧下さい。

トモ

節目の飲み会などに対しては肯定的なスタンスだよ

この記事がオススメのヒト
  • 会社の飲み会への参加は真に必要と感じるものに限定したいヒト
  • コロナによる自粛解禁後に「なんとなくの会社飲み会」には参加したくないヒト
  • 飲み会の誘いを断ることが苦手なヒト

会社飲み会への世間のスタンス

●コロナが明けた後の会社飲み会の希望頻度

テレリモ総研 コロナ禍で飲み会はどう変わる? 新型コロナ流行前後の変化を比較より

このアンケートから確認できるコト

  • 50代~60代の方はコロナ前の飲み会頻度に戻したい人の層が若年層より多い
  • 20代~40代の方はコロナ前の頻度に戻したい人、戻したくない人の割合がほぼ同率
  • 飲み会に参加しない人を含めると、20代~40代の方は65%が飲み会にネガティブ

20~40代で飲み会頻度を戻したい人と戻したくない人の割合が拮抗していたのは意外でしたが、飲み会に参加しない人を含めると若い世代の方がネガティブ派が多いのは想定通りでした。

アンケート上ではこの通りですが、私のまわりの職場では、会社飲み会になると半分以上の人が参加していることが多いので、飲み会ネガティブ層が無理して飲み会に参加している構図が見て取れます。

無理して参加する飲み会に良いことはありません。参加するなら、参加前から楽しみとなるような飲み会に参加しましょう。

気乗りしない飲み会で失うものは本当に多いです。

気乗りしない飲み会で失うもの
  • 自由な時間
  • お金
  • やりたいことの行動力
  • 翌日の体調

どれも自分の為に非常に重要なもので、失う事を避けたいものばかりです。

次からは気乗りしない飲み会への対処方法(いかにして誘われないか)を記載していきます。

対処方法 ①仕事を朝方にして早く切り上げる

シンプルに「早く会社に来て、早く帰るキャラ」になることです。

経験から、なんとなくの飲み会は18時頃から開催されることはほとんどありません。

夜遅くまで残業をしていて集中力が切れはじめ、雑談が始まり、その流れから「なんとなく飲みに行く」のが王道です。

つまり、その時に自分がいなければ、誘われる可能性はゼロになります。

その為、従来より1時間早く出社し、1時間早く帰る。というのは単純ですが効果的です。

そもそも恒常的に飲みに行くメンバーで朝方のヒトはほとんどいないです。

  1. 飲み会に行く
  2. 遅くに帰って、遅くに寝る
  3. 通常よりも睡眠が浅くなるので、早起きは出来ない(目が覚めてもゴロゴロしてる)

というのが典型的な飲み人なのです(笑)

トモ

朝方になると誘われる機会が減り、断る必要がなくなるよ!

対処方法 ②after5の予定充実をほのめかす

outlookなどで自身のスケジュールを社内共有しているケースが多いと思います。

2つめは、共有しているスケジュールに「予定あり」のスケジュールをたくさん入れる方法です。(本当に予定があるかどうかでなく、ブロックしたい時間へのスケジュールはどんどんいれましょう。という意味です。自分にアポを入れる感じでOKです)

仕事以外のやりたいことを明確化してスケジュール化をするとどんどん埋まるはず

大事なのは飲み会の有無にかかわらず、きっちりとその時間には退社すること

そうすることで、社内メンバーから「after5予定あり人間」として認知されていきます。

私の場合、「今日は家族揃って夕飯を食べたいな。」という時は頻繁にこの手を利用していました。「なんの予定なんですか?」と聞いてくる人はそんなにいませんし、聞かれたとしても、最初から理由を用意しておけば簡単にかわすことが出来ます。

ぜひ、自分へのアポ(やりたいことの時間確保)を行い、外に見える化しましょう。

トモ

キャラは大事。自分で作っていこう

対処方法 ③テレワークを駆使する

3つめはテレワーク可能な方に限定されますが、テレワークを実施する曜日に工夫を凝らします。

これも経験則ですが、「なんとなく飲み会」が開催される可能性が高い曜日を3つあげるとすれば、以下の通りです。

  1. 金曜日:言わずと知れた華金。社内飲み会の第一候補曜日
  2. 水曜日:早帰りデーと称し、早帰りが推奨されることが多い曜日。言い換えると、飲み会に誘われる可能性が高い曜日
  3. 月曜日:週明け最初の曜日は意外にも飲みに誘われる可能性が多い曜日。土日に孤独だった人で飲みか好きな人がいる場合は要注意(笑)

可能な限りこの曜日をテレワークにあてると、飲み会を回避できる可能性が高くなります。実際に次の日に出社すると昼休みに昨日の飲み会の話がされているるケースが多い気がします。

戦略的なテレワークを(笑)

【大事】節目の飲み会には積極的なスタンスで臨む

「なんとなくの飲み会ではない節目の飲み会」には積極的な姿勢を見せることは大事です。

そうすることで普段は飲み会不参加であっても問題は生じません。

節目の飲み会とは
  • 職場で嬉しいニュースがあったとき
    (ex.メンバーが大きな成果をだしたとき)
  • 期末締めのタイミング
  • 異動の時期

このようなイベントでは積極的な姿勢を見せます。事実、肯定的な考えを持っているので私は姿勢を変えます。店選びや参加者のとりまとめなどを行い、能動的にかかわりを持ちます。

メリハリの利いた人間であることをアピールすることもできる機会になります

トモ

節目で行う飲み会は飲みの話題も明るい話題になるので楽しいね

対処方法 ⑤ランチを皆で食べコミュニケーションUP

飲み会のメリットは究極以下2点に集約されます。いずれもコミュニケーションの向上です。

  • 普段できない仕事以外の話が出来て、仲良くなれる
  • お酒を飲み、普段よりも解放的な気分で話が出来て、一体感が生まれる

後者はランチでは実現できませんが、前者であればランチでも問題ありません。その為、出社の際には他のメンバーに声をかけてなるべく外にランチに食べに行くことがコミュニケーション強化でも重要になってくると思います。

お酒がなくてもいろんな話が出来ますし、場所さえチェックしておけば個室ランチで少し込み入った話もできるわけです。なのでランチでのコミュニケーションは時間的にも経済的にも非常にパフォーマンスが高いと考えています。

トモ

ランチでもコミュニケーション強化は十分できるよ

まとめ

今回の記事では、「なんとなく飲み会の回避方法」を中心に記載しました。

社会人になると多くの人が悩む、避けて通れない問題だと思います。

自分の優先順位を念頭に置いて、不要と感じることには時間・お金を割かない決断力は重要です。

問題に対処するためのノウハウが多いことに越したことはありませんので、本記事で紹介した内容が皆さんのノウハウの1つになれば嬉しいです。